チーム紹介

学生生活が終わると同時に野球の夢を追い続けることが困難な現状があります。その要因のひとつとして、社会人チームの大幅な減少が挙げられます。選手は実力があるのに、それを発揮する場所がなく、夢に挑戦し続ける舞台がないのです。だからこそ、その舞台を創出し、社会人として地域貢献を図るために、深谷組のシンボルスポーツとして「深谷組硬式野球部」を発足させました。

深谷組のアスリート社員は、まず第一に”仕事”、それから”野球”という形で活動します。一般的に知られるアスリート社員は、半日で仕事を終え、もう半日は選手活動に充てています。当社のアスリート社員は、他の社員と同様に1日勤務しています。今からしっかりとした仕事のスキルを身に付けておくことは、選手引退後も社会人として活躍していくために必要です。仕事も野球も全力勝負!充実した選手生活の実現に向け、ともにチャレンジしていきましょう。

深谷組のシンボルスポーツとして

深谷組は、会社としてアスリートのみなさんを支援するユニークな採用システム「アスリート採用」を実施しています。長年スポーツに打ち込んできたアスリートは、チームワークや礼儀、鍛え抜いた強い精神力が備わっており、それは仕事をする上で大きなプラスになると考えています。学生時代から打ち込んできたスポーツを社会人になってからも継続し、仕事と両立させたいというアスリート社員のために、部費の支援や休暇の取得などのサポートも行っています。

スポーツを推進し、地域に貢献する

深谷組では地域貢献の一環として、「スポーツ推進活動」に積極的に取り組んでいます。その活動のひとつに、少年野球チームを対象とした「野球教室の開催」があり、子供たちに野球の楽しさを味わってもらうことを目的としています。この体験を通じて、未来の野球選手の育成・野球人口の増加に貢献していきたいと考えています。