ニュース2021一覧

2021/01/05 本年も宜しくお願い致します。

明けましておめでとうございます。
おかげさまで今年も無事に新しい年を迎えることができました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めつつ、2021年も進んで参ります。

本年も宜しくお願いいたします。

2021年01月05日

2021/01/14 【現場近況】

弊社は都内の高層ビル建設にも携わっています。


新型コロナウイルスの感染拡大に注意しながら通勤、作業を行っています

 

弊社社員が鉄骨柱、溶接用足場組立の作業を行っている様子です。


深谷組では毎月、月間スローガンを決めています。

2021年1月のスローガンは

「新年、気持ち新たに、安全先行」

です。

月間スローガンは社員から募集しています。

今月のスローガンは森外廣幸 技術指導室室長(入社18年目)からの発案でした。

今月も無事故無災害を目指し、作業をしていきます!

2021年01月14日

2021/03/12 【軟式野球部公式戦】

軟式野球部が高松宮賜杯第65回全日本軟式野球大会 大宮支部予選会に出場します。 

初戦は3月13日(土)10時より市営大宮球場にてガスワンさんと対戦します。

当日の観戦は可能ですが、感染防止対策にご協力お願いします。

また、当日は雨天が予想されます。雨天の場合は翌日14日(日)10時に順延となります。

ご声援よろしくお願いいたします!!

 

現場の近況報告です。

弊社社員が掘削作業を行っている様子です。水平器を使いながら正確に行っています。


今月の深谷組のスローガンは

「事故防ぐ 仲間への声掛け 思いやり」

です。

高橋 豊  技術指導室副室長(入社21年目)からの発案でした。

今月も無事故無災害を目指し、作業をしていきます!

2021年03月12日

2021/04/11 【軟式野球部公式戦】

絶好の野球日和の中、さいたま市営大宮球場で第44回福永健司杯大宮支部予選が開催されました。

初戦の相手は埼玉トヨペットさんです。

試合は初回、先頭の前田 蒼(入社5年目)がデッドボールで出塁、ボーク、ワイルドピッチで3塁へ

進むと、後続の犠牲フライで幸先よく先制。

しかしその裏、埼玉トヨペットさんの集中打を浴び3失点。2回にも3点を失い、攻撃も振るわず

そのまま6-1で敗戦となりました。

スタンドからは多くの方に観戦いただきありがとうございました。

今後とも深谷組軟式野球部をよろしくお願いいたします。

2021年04月12日

2021/04/07【新入社員導入研修】

先日入社した新入社員は、社内での研修を経て現場に出ていきます。技術指導室の森外廣幸 室長

(入社18年目)指導の下、足場の組み方を学んでいます。


緊張感のある雰囲気の中、集中して取り組んでいたのが印象的でした。

現場デビューが待ち遠しいです!

2021年04月07日

2021/04/01【入社式】


今年、深谷組には19名の新入社員が入社します。

地方出身者も多く、緊張した面持ちで入社式を迎えました。


入社式は感染防止対策を行って実施しました。

深谷組の一員として活躍してくれることを期待しています。


2021年04月01日

2021/03/14 【軟式野球部】 高松宮賜杯 大宮支部予選

13日に予定されていた公式戦は雨天順延となり、14日に市営大宮球場で開催されました。 

1回戦の相手は強豪のガスワンさん。

深谷組の先発、森岡大和(入社5年目)は立ち上がりから安定した投球でゲームを作ると、6回表には

自らライトへ同点タイムリーを放つ活躍。ショートで出場した裸野真澄(入社14年目)も再三の好守

と3安打の活躍でチームを引っ張り、延長タイブレークの末4-2で勝利しました!


同日午後から行われた2回戦のさいたま市消防局さんとの試合は0-8で敗れてしまったものの、次に

繋がる大会となりました。

4月には第44回福永健司杯埼玉県軟式野球大会 大宮支部予選が行われます。

初戦は4月11日(日)vs埼玉トヨペットさん 市営大宮球場 9時開始予定です。

応援よろしくお願いいたします!


↑3安打に加え、堅い守備で何度もチームを救った裸野真澄(入社14年目)


↑ピンチを凌ぎ笑顔の森岡大和(左・入社5年目)とファーストの小林佑哉(右・入社12年目)


2021年03月15日

2021/02/02 【深谷組の節分】

「節分」は季節を分けることを意味しています。

各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日を節分と言います。特に1年の始まりでもある

立春の前日を「節分」と言うことが一般的になっています。

季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、魔除け、鬼除けの意味合いで様々な行事

が行われてきました。

 

一般的には豆まきや、近年は恵方巻を食べることも知られていますが、深谷組では「柊鰯」を

飾っています。

「柊鰯」とは、鰯の頭に柊の枝を刺したもので、柊の尖った葉と鰯のにおいで厄と鬼を遠ざける

意味があります。


2021年も、鬼を寄せ付けずに社員一同頑張ってまいります!

 

 

2021年02月03日

2021/02/06 【外国人技能実習生も活躍しています】

深谷組での外国人材活用は17年前に日系ブラジル人を採用したことが始まりです。

その後、10年前に技能実習生という形でインドネシア人を受け入れ、ベトナム、そして現在のミャンマーからの実習生6名へと続いています。

本来であれば今頃インドネシアからの実習生が6名来日している予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で遅れています。

長いようで短い3年という実習期間をより有意義なものにしてもらうために、深谷組社員一丸となってバックアップしています。ミャンマーからの実習生たちは来日して1年がたち、今や立派に現場で活躍してくれるようになりました。

彼らがこれから来日するインドネシアからの実習生の先輩として、ますます活躍してくれることを期待しています。

 

↑写真は昨年の技能検定の様子です。

 

 

2021年02月06日